サービス規約

料金表 

 

修理にかかる期間の目安や料金はお客様の時計の製造年やムーブメントによって異なるため、「サービス規約と料金表」の内容をご確認ください。 

修理・メンテナンスサービス

コンプリートサービスは3年~5年(ボーマティック搭載モデルは5~7年)ごとに行うことをお勧めしますが、その頻度は時計のご使用状況や着用の環境によって異なります。

修理診断後にムーブメントが適正に機能していないことが判明した場合、コンプリートサービスを実施することをお勧めします。

コンプリートサービスでは以下のことを行います:

·      時計の分解

·      ムーブメントのオーバーホール:分解、洗浄、再組立ておよび注油

·      スチールまたはイエロー/レッドゴールド製のモデルのみ、ケースおよびメタルブレスレットをポリッシング

·      ケースとメタルブレスレットの超音波洗浄

·      パッキンを交換し、時計を組み立てる

·      必要に応じて、またはお客様のご要望により、その他の部品の交換

-       スチール製のねじ、クロノグラフの針

-       その他の針、ガラス、リューズ、プッシュボタン、ダイヤルなど(別途加算)

·      時計の再組立て

·      機能と外装を最終点検

ボーム&メルシエの時計技術者が修理サービスを実施し、部品を交換した時計には、1年間の保証期間が付与されます。

お客様の時計の防水機能は恒久的に保証されているわけではありません。パッキンは、経年劣化だけでなく、リューズの操作、衝撃、化粧品や汗、温度変化をはじめとするその他の多くの外的要因による劣化が起こりえます。パッキンは、経年劣化だけでなく、リューズの操作、衝撃、化粧品や汗、温度変化をはじめとするその他の多くの外的要因による劣化が起こりえます。そのため、防水性検査を毎年行うことをお勧めしています。また、防水性が損なわれた場合も直ちにこの検査を受けることを推奨しています。

防水性検査のサービスは、以下の工程からなります:

·      ケースの分解

·      ケースとメタルブレスレットの超音波洗浄

·      パッキンの交換、時計の組み立て

·      クオーツモデルの場合、電池の交換

·      必要に応じて、またはお客様のご要望により、その他の部品の交換サファイアクリスタル、リューズ、プッシュボタンなど(別途加算)

·      機能と外装を最終点検

ボーム&メルシエの時計技術者が防水性サービスを実施し、部品を交換した時計には、1年間の保証期間が付与されます。

お客様の時計には“感情的価値”も存在するため、製造年や状態に関わらず、すべての時計の修理・メンテナンスを実施する、というのがボーム&メルシエの哲学です。

ヴィンテージウォッチの修復サービスではコンテンポラリーウォッチよりもさらに慎重さが要求され、復元が必要となる場合があります。

ヴィンテージウォッチを修復する技術を持った職人は限られているため、時計はスイスにあるボーム&メルシエの工房に送られます。そのため、修理期間は通常よりも長くかかります(最低8週間)。

ボーム&メルシエの時計技術者が修理サービスを実施し、部品を交換した時計には、1年間の保証期間が付与されます。

修理診断の結果、ムーブメントやパッキンの状態は良いものの、電池が切れていることが確認された場合、電池交換サービスを受けることをお勧めします。

時計にもよりますが、3~6年ごとに電池交換サービスを受けることが必要です。

 

電池交換サービスには、以下の工程が含まれます:

•      ケースバックを開ける

•      電池の交換

•      ケースバックとリューズチューブのパッキンの交換

•      ケースバックを閉める

•      機能と外装を最終点検

ボーム&メルシエの時計技術者が電池サービスを実施し、部品を交換した時計には、1年間の保証期間が付与されます。